QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 20人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年01月04日

2013の新製品

喪中につき新年の御挨拶ができませんが、こんにちはPAW WORKSです。


初日からバタバタしてまして、やっと、アメリカに送るレースガンの用意が整いました。あちらでも州をまたいでの移動でもトイならば問題ありませんし、なにせ弾代がかかりませんからね。

あちらでは、プロパンガスや猛将ガスしか手に入りませんからそれらのガス使用前提です。




さて、年が明けてWEからアナウンスがありましたね、HK416系とSCARのカタナシステムです。





続いてL85やAKなんかも出てくるんでしょうか、昨年の12月だけで数機種の新製品を出してきたメーカーですから、案外早いかもしれませんね。



昨年はAK以降ライフル系の新商品は止っていましたから、今年のGBBは何から出てくるんでしょうか?楽しみですね。











来週までは落ち着かないでしょうが、粛々とこなしていきます。

商品の入荷は問屋さんの営業の関係上、来週からの入荷となります。


今週の日曜日は、年初めインドアゲームです。

お問い合わせはお店までお願いいたします。
  

Posted by パウワークス at 01:45Comments(0)アサルトライフル

2012年12月15日

716その後




アリゾナの友人がこんな写真で答えてくれました。

持ってたんだ(笑)

もしくはSIGのディーラーの友人がいると言ってたので、彼の家かもしれませんが。

もう一丁556の10,5inもありましたね、クラスⅢのライセンスも持ってるらしいので、色々アサルトライフルには詳しいようです。













以前MP5のGBBの画像でのコメントでおれはUMPのほうが好きなんだと書き込みしていましたから有名どころは一通りは扱えるようです。

確か36をC-MAGのフルオートで撃ってた画像を観たことあるような・・



足元も見逃してはいけません、IPSCでも使用しているニンジャシューズです(笑)

履いてないんでなんとも言えないんですが、これ良いようです。










彼はIPSCではムネキさんと一緒のグランドマスターですから、腕は確かです。

抑えて外さない冷静な撃ち方をするシューターです。以前こちらでも紹介していますね。







日本のエアガンマニアと違うのはトイかリアルかだけです。
私の知り合いのアリゾナのシューターは気さくでフレンドリーな人が多いです。
ムネキさんの廻りはこんな人だらけです。


  

Posted by パウワークス at 02:05Comments(0)アサルトライフル

2012年12月06日

HK417





今頃かよと言われそうですが、入荷してきました、VFCHK417。

ゴツい!全てがデカい!ストックチューブまで大きい(笑)
もう2inは長い方が安心できそう(謎)


223とはリコイルの質が違うんですから当たり前なんですが、とにかく頑丈そうとゆうのが印象です。





マガジンなんか一回りどころか二回りも大きい。

マグポーチが大変だ(笑)
G36どころじゃないですよ。


バレルナットも長さと太さが・・

長さは223の2倍位、最低でもマズル側のネジ部分まではありますからね、根元はRASまで削り取られてますね。

このクラスになると、アキュラシーの最低条件は剛性だと思います。

それでも軽く造らないといけないんでメーカーさんも大変ですね。








SIGのこちらはどんなんでしょうか?
イチローさんのレポートでは223バージョンは凄いグルーピングでしたからねぇ





大きくなるだけだからなんて簡単な事ではないでしょうが、SIGならやっちゃうんでしょうね。

アメリカの友人に聞いてみましょう(笑)













久しぶりにこんな物も入荷してます

同じくVFCのAKMですね。

最初の販売価格はキットで69800円、メカBOXは別途お買い求め下さいでしたから、値下がり率にビックリです。





定価で49800円てありえません。
ただ、パーツ毎にパッキングして、検品して、と完成品を作ってたほうが手間がかからないから値段は高めだったとも聞いてますから、確かに少数ロットではしょうがありませんね。


安くなるのはありがたいです、良い時代になりました。

  

Posted by パウワークス at 01:53Comments(0)アサルトライフル

2012年12月05日

XM2010




アレスからアナウンスがありましたね、12月中旬予定です。

スタイルもいいし、値段も本体のみで5万前後(定価)で、スコープ、バイポット付きで6万前後(定価)の予定です。

そこそこの値段なんで、人気が出そうなんですが、問題は重量ですね、空重量で4,7kgです。
一部の体力ある人は平気そうですが、ゲーム用にはチト重いようです。

色はTANとブラックですね。



詳しくはお店まで。  

Posted by パウワークス at 01:34Comments(0)アサルトライフル

2012年11月15日

ジャガーノート

名前に惹かれて観てみると、中々面白いライフルでした。





実際にブルパップにするとフルオートの制御が幾らかはし易くなるようです。

M14自体、コッキングハンドルの構造上、ガチャガチャと騒がしい撃ち味なんですが、ノーマルライフルストック形状だと機関部が右手(トリガー側)なんで、キックの起こる部分と肩が離れていますがブルパップになると、バレルを両手で押さえる形になるので、キックの制御とゆう意味では利点があります(それだけ単純ではありませんが)

全体が短くなるので、取り回しも驚くほど良くなります。


ただ、M14のスラリと伸びた全体のデザインから遠退くのが残念ですけどね。

デザイン的には好き嫌いが分かれそうですからエアソフトでモデルアップされるかは微妙ですね。


しかし、近年はこんなものは製品化されないだろう、とゆう商品がいくらでもモデルアップされてますから判りませんけどね。








デザートクラッシックの続報です、詳しくはGUNマガジンでレポートされるかもしれないので割愛しますが、RAYは11位だったようです。
12位のHIRANO氏とMUNEKIさんは、12ステージのトータルタイムで10秒の差があったにもかかわらず、HIRANO氏が順位は上でした。


RAYはリロードでのトラブル(本人のミスではないとゆう意味で)でメジャーでなく、マイナーで、ポイントを計算されてしまいました。


トイガンではまずあり得ない事象なんですが、IPSCではパワーファクターなる弾の威力でマイナー、メジャーに分かれます。

マイナーが120以上(9mmパラ程度)メジャーが165以上(40、357MAG,45ACP程度)で、メジャーで撃てば当然リコイルがキツくコントロールが難しくなります。

マイナーは各ゾーンの得点が低くなるので不利なんですね。
エアソフトは威力は一緒ですから。







さて、本日にこんな物が送られて来ました、シューター仲間のシマダ君からです。
以前動画で紹介したミラクルドロウの初弾0,5秒で本場のプロシューターを驚かせたジャパニーズシューターです。


KCユセピオ、BJノリス、ジェシーダフ、JJラカーザ、タッドジャレット、デイブブローク、ミッシェル、トリノナカ、MAX,ミチュレックとUSのプロシューター達のサインです、さすがシマダ君です、綺麗どころは押さえてあります(笑)



ありがとうございました。



  

Posted by パウワークス at 02:52Comments(0)アサルトライフル

2012年06月22日

新入荷

久しぶりに入荷しました。KSC93R 









最近のメーカさんは、在庫を持ちませんから、無くなると何ヶ月か入荷しません。
マガジンもノーマルタイプは入荷してきました、92にも使用できますから、92ユーザーの方もチェックしてください。
残念ですがロングマグはまだです。















こちらも、何度か改良されて今のはかなり耐久性もあがってるみたいです。
楽しいカートの飛ぶ長物ですね。
TOPのM4 URXモデルです。
































イントロスチールの参加者も30人を超えました、まだまだご参加をおまちしています。


  

Posted by パウワークス at 14:56Comments(0)アサルトライフル

2011年11月11日

MASADAのHOP

こんにちはPAW WORKSです。

PTSのMASADAのHOPの効きがイマイチです、とゆう話をたまに聞きます。
ノーマルは8の字の変わったHOPのクッションラバーなんですが、バラしてみると、変形して潰れているものが殆どです。

こまめにHOPを解除するのがよいのですが、それでもいずれ潰れてしまいます。

リペアパーツを頼んでも何時入荷するか判りません。


そこで、






造ってしまいます。






























国産のクッションラバーを使えるようにしてしまいます。


ノーマルのHOP押さえに取り付けられない事もないんですが、瞬着で付けてしまわないといけません。
でも平面が出ていないのでまともに付けるのが難しいのです。
バレルユニットの脱着をする為に、他の電動ガンに無い面倒くささがあります。


加工時間を思うとABS樹脂がいいのですが、やはり瞬着を使う為に次回の交換を考えると今回はアルミからの削り出しにしてしまいました。

実はコレの製作は3個目なんですね。前は全て樹脂製でした。

大まかに加工して、後は手仕上です。
始めてすぐに後悔しました。(笑)

ABS樹脂は、後で誤魔化しが効きますが、アルミだと硬い分シビアでした。

大変時間がかかりました。



後は組み立てて撃ってみて確認です。




それではまた。
  

Posted by パウワークス at 09:41Comments(6)アサルトライフル

2011年11月10日

新型?

こんにちはPAW WORKSです。


WEのM4ですが、パーツに一部変更があったようです。

ボルトキャリアのハンマーをコックする所が数撃つと潰れて捲れていましたが、水平だった部分が斜めスロープになっていました。



























潰れてもそこだけでどうこうとゆう事はありませんでしたが、ハンマーをコックするのも幾らかは滑らかになる筈です。

その前に、ボルトストップの当たる部分に埋め込んであるスチールのピースがガタガタになっちゃいますけどね。




まあ、一万発も撃てばリアルガンだって各部が壊れたりしてきますから、エアソフトもこれだけもてば大したもんです。
その前にHOPチャンバーの両サイドの回転止めの薄い板がいつ折れるかと最初に見た時には心配したんですが、あの薄さでまだ破損を聞いてませんからね。






VFCのXCRですが、軽くて取り回しも良好ですがリポバッテリーの出し入れが配線が長すぎて邪魔だとゆう事で、メインのコネクター配線を短くしました。




スペースがあれば、アラームを繋いだままにして放り込みたい所ですが、そこまでのスペースはないようですね。

充電し過ぎても、放電し過ぎても発火するとか、動画で色々観て中々手を出せないでいましたが、サイズといいパンチ力といい、そのうち大部分がリポバッテリーに移行していくんでしょうね。

物理的衝撃に弱いらしいので、やはり取り扱いには注意が必要ですが。








最近、NOVAから一本物のアルミアウターバレルの各種刻印入りが発売されていますが、ガタも無く綺麗な仕上がりです。
各メーカーのバレルブッシングと合わせると、フィッティングしないと、動きが悪くなりますが、アタリが出ると素敵なスライドプルになりますよ。

2~3年前だと一万円近くしてたんでしょうけどね、安くて良い品が手に入るユーザーには良い時代になりました。








今年中に出てくれればいいのですが、コーンバレルの発売も予定されています。





それではまた。  

Posted by パウワークス at 01:06Comments(0)アサルトライフル

2011年11月03日

補修部品

こんにちはPAW WORKSです。

画像を取り込むケーブルを忘れて更新できませんでしたがWE用の補修用パーツが入荷してきました。今更ですがHK416のTANも入荷してきました、結構いい色ですね。
アッパーレシーバーも別パーツで入荷してきますので、アッパーレーシーバーアッセンが造れますね。

その場でロング、ショートに組み替え出来るようになります。





HOPチャンバーブロック、ローディングノズル、ボルトキャリアー、チャージングハンドル、アウターバレルと、純正、サードパーティで全て揃いますから。




修理で入ってきた作動しなくなったG36Cですが、バルブロッカーが新型になってからは破損した事がなかったのですが、パッキリ折れていました。

こちらもスチール製に交換が必要ですね。FピンSETと一緒に交換をお勧めします。





こんなになりますよ。




注入バルブも必須ですね、通常は海外用のガス注入バルブなので、ガスの入りがよくわかりません。

日本仕様に交換すれば、音で入っているかが判断し易くなります。ことらも交換をお勧めします。



マルイHI-CAPA用のインターチェンジャブルトリガーが入荷してきます。
ブラック、レッド、ブルー、シルバーがあります、トリガーバーはステンレス削りだし、トリガーピースは7種類あって、各1800円です。




それではまた。


  

Posted by パウワークス at 12:49Comments(0)アサルトライフル

2011年10月28日

XCR

こんにちはPAW WORKSです。

KSC STI S7のカスタム終了しました。
基本的なチューンしかしていませんが、エンジンはWAのRタイプよりも上かもしれません。
この個体だけのようですが、マガジンを抜いてハンマーダウンすると、インパクトピンが脱落する事があります。

とりあえず、予備も2つ用意しました。
KSCに聞いてみた所、945から同じメカを使っているがこんな症状は出たことがないようです。

シアースプリングを柔らかくしたり、各部をポリッシュしたのが原因かもしれません。頭も少し潰れていたかも。




ショートリコイルキャンセル、トリガーチューン、リコイルスプリングガイドSET製作、あとはひたすらポリッシュ(笑)
3mm動いたらガスカットしてしまいますが、手で暖めるとスライドストップはかかります。
外部ソースも今日テストしてみますが、3,5気圧でもガシガシ動きそうです。


あとのテストはMac堺さんにおまかせしましょう。



さて、新製品が入荷してきました。

VFCのXCRです。

詳細は後日にそれではまた。







  

Posted by パウワークス at 10:16Comments(0)アサルトライフル