QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 20人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年01月12日

壊れるとゆうこと

こんにちはPAW WORKSです。

久しぶりの更新になります。
まわりではインフルエンザも流行りだしてますね、体調管理には気をつけましょう。



ここの所、修理ばかりで、カスタムが滞っていますが、今回は壊れた箇所なんかを紹介してみましょう。




























マルイのグロックのフレームですが、インナーシャーシを固定する為のネジの受け側が前後ろ共割れています。
激しい反動のためなんですが、フレーム交換などで、ガーダー製のナイロン系の物に換装する時にほぼ割れています。

作動がギクシャクし始めたり、突っかかるようになったら、要注意です。





























M240Bを撃っていると、マズルから、薄く削れた粉のような物が飛び、弾がバラバラに飛ぶようになったとの修理依頼です。

バラしてみると、バレルのマズル側から、10cm位の所に何かが影のように付いていました。弾の削りカスです。

ブレーキクリーナーで吹かしてティッシュを通してみました。

実際はこれの2倍くらい出てきたんですが、残りはブラシで磨き落としましたので残っていません。

綺麗にした後で、バレルを覗いてみると、傷なんかもなく、原因がよく判りません。
たま~にあるバレルについている固いグリスの固形物に引っかかって出来たのかもしれません。


内径の緩めのバレルと交換します。なにせ撃つ弾数が多いですからね。



























撃っていていきなり、スイッチが入りっぱなしになって、煙が出た。

とゆう状況だったらしいのですが、画像のように、スイッチの銅板の下にグジャグジャな異物が見えます。

バラして穿り出してみると、ネジでした。


よく観ると、スイッチ固定用のネジが脱落して、スイッチに当たり溶けてプラの部分に埋まってしまったようです。



一括りに中華と言いますが、中国製と、台湾、香港製ではクオリティにかなりの差があります。

メカBOX内のパーツやモーターなんかは国産か台湾、香港製をお勧めします。

あちらは、企業買収や、ヘッドハンティングも盛んで今まで良い商品を作っていてもいきなりクオリティが落ちたりして事も何度かあります。
要所要所の詰めが甘い事は当たり前で、パーツ交換の覚悟がないと、あまりお勧め出来ませんね。

しかし、他メーカーが造ってないような商品だと、どうしても欲しくなっちゃうんですけどね。



何年か使用していると、いきなりバッテリーが死んだり、モーターが死んだり、スイッチが焼けたりと、前の日まで撃ててる物が突然撃てなくなったりします。

年に一度位はメンテナンスをしたほうが良いですね。



週末にはGHKの電動ガン用のGBB変換キットが入荷してきます。
キックは少ないでしょうが、精度と飛びが良ければ、遊んでいるM4に入れても面白いかもしれません。


それではまた。


  

Posted by パウワークス at 11:54Comments(0)電動ガン

2011年12月24日

たまには

こんにちはPAW WORKSです。

いつもガスブロのレポばかりですが、電動ガンもやっています。
今回、GPのミーリングフレームSR25のメカボ復活を考えてまして、A&KのSR25のが使えるんじゃないかとゆうことでやってみました。























ピストンは交換性ありますね、Oリングのサイズは違っていますね、ノズルを塞いでピストンを前進させると、A&K純正はスコスコ前に進みますが、GPピストンは気密が取れて進みません。

GP純正メカボックスアッセンは当時ギアが歪みまくりで、メカボを半身にしてギアだけにして指で廻しても途中で回らなくなりました。

シリンダーヘッドとシールノズルも相性が悪く、ノズルを前後させてもOリングがきつ過ぎてかなりの力が要りました。

まあ、言ってみれば不良品ですね(笑)



中華=粗悪品のイメージの走りです。
当時はシステマの製品は海外ではトレース出来ないと言われてましたから。




こんな軸受が付いていました、よく観ると段差の所にポッチがありますね(笑)

メカボには瞬着で止めてありましたし、使用上は問題ありません。いつものように不気味な緑色のグリスは塗ってありましたが。

GPのフレームにもメカボは問題なく収まりました。


とりあえず、明日試射まではしてみましょう。




アンビルのトリガーに削り出しトリガバーを着けてみました、当たり前のようにガタはありません。

そのまま、10万発撃ってもトリガーフィーリングは変わらないでしょう。



こちらも後二丁、アウターバレルの固定を済ませて、フィッティングが待っています。






それではまた。

  

Posted by パウワークス at 01:54Comments(0)電動ガン