QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 20人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2011年12月24日

たまには

こんにちはPAW WORKSです。

いつもガスブロのレポばかりですが、電動ガンもやっています。
今回、GPのミーリングフレームSR25のメカボ復活を考えてまして、A&KのSR25のが使えるんじゃないかとゆうことでやってみました。























ピストンは交換性ありますね、Oリングのサイズは違っていますね、ノズルを塞いでピストンを前進させると、A&K純正はスコスコ前に進みますが、GPピストンは気密が取れて進みません。

GP純正メカボックスアッセンは当時ギアが歪みまくりで、メカボを半身にしてギアだけにして指で廻しても途中で回らなくなりました。

シリンダーヘッドとシールノズルも相性が悪く、ノズルを前後させてもOリングがきつ過ぎてかなりの力が要りました。

まあ、言ってみれば不良品ですね(笑)



中華=粗悪品のイメージの走りです。
当時はシステマの製品は海外ではトレース出来ないと言われてましたから。




こんな軸受が付いていました、よく観ると段差の所にポッチがありますね(笑)

メカボには瞬着で止めてありましたし、使用上は問題ありません。いつものように不気味な緑色のグリスは塗ってありましたが。

GPのフレームにもメカボは問題なく収まりました。


とりあえず、明日試射まではしてみましょう。




アンビルのトリガーに削り出しトリガバーを着けてみました、当たり前のようにガタはありません。

そのまま、10万発撃ってもトリガーフィーリングは変わらないでしょう。



こちらも後二丁、アウターバレルの固定を済ませて、フィッティングが待っています。






それではまた。

  

Posted by パウワークス at 01:54Comments(0)電動ガン