QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 20人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年02月09日

メタリックシルエット

こんにちはPAW WORKSです。

3月の25日第4日曜日ですが、メタリックシルエット競技を開催いたします。


























聞き慣れない名前ですが、アメリカで流行っていた競技です。
現地では、ターキー、シープ、など、動物の形に切り抜いた鉄板を100~200mの遠距離で打ち倒す豪快な競技でした。

当然重たい鉄板を倒すので、パワーのある銃が有利でして、主流は44MAGなんかでしたが、エスカレートしていって、最後のあたりは前と後ろを切り詰めたライフルで参加するシューターも多かったようです。

平気で308とか、7mm-308とかありましたね。





























画像のようなハンドガンを使ってましたね。

昔のGUN誌ではよくレポートされてました。


エアガンのマッチでは距離は短くなりますが、












ハンドガン

10m    スタンディング   10発    2分
15m    シッティング    10発    2分
20m    プローン       10発   5分
25m    プローン       10発    5分


ライフル

15m       スタンディング   10発   2分
20m       シッティング    10発   2分
25m       プローン       10発  5分
30m       プローン       10発  5分


使用銃は0,8J以下のもの、プローンは委託射撃OKなので、マットやダッフルバック、レストなども認めます。

弾は0,29gまでOK,弾速測定は必ず用意された0,2gで行います。




興味のある方はお店までお問い合わせ下さい。



























スライドの文字消しも三度目の削りと埋めに入りました、寒いと中々ヒケが引きません。

やっと軽量化の穴あけにはいれます。



シュラウドも2つほぼ完成です。































それではまた。  

Posted by パウワークス at 16:57Comments(0)シューティングマッチ