QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 20人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年03月18日

こんな事もしてました。

ある日のアリゾナです(笑)



少しだけお手伝いして動画を撮りました。



最低気温3度~帰る日は27度まで上がっていましたが、ここ最近は35度まで上がったそうですが(笑)

なぜか、近しいシューター達がマグチェンを繰り返し、早いだろう的な動画を上げていましたので、終止符を打つべくこんな動画を撮った訳です。


少しのウォームアップでやっちゃうんですから流石です。
  

Posted by パウワークス at 14:38Comments(0)

2013年03月17日

ボチャードピストル

至高の一品です、製作者の魂の叫びが形になっています。






こんな機種が製品として生まれてこれる土壌がまだある事は、店長世代からするとうれしい限りです。

絶対に製品化される事は無いと思っていましたから。




















これが、材質の制限が無く想いどうりの造り方が出来ていたなら・・・






CAWさんはこちらを海外に向けて材質を制限無しに造ってみたらどうでしょう?


良い物に国境は関係ありませんから海外でも材質さえ変えれば評価は高いと思います。


かなりの商売になりそうですね。












最近の新商品の質は素晴らしいの一言です。


海外の一部メーカーもそうです。





VFCのUMPですね、驚きの反動です(笑)



MP5同様、こちらもサードパーティーからカスタムパーツが沢山出てくるでしょう。

明日のインドアで色々と試してみましょう。





MP5は及第点でしたから、こちらも期待できそうですね。  

Posted by パウワークス at 00:21Comments(0)モデルガン

2013年03月15日

ビギナー



アリゾナのリオサラドのレンジは皆、知り合いで、仲が良いシューターが集まりスクアッドを造り各コースを一緒に廻ります。

この辺りは日本のローカルマッチも一緒で、正にあの雰囲気で一日を過ごせる訳です。
今回Facebookで仲の良いシューター達で固まって廻る事が出来ましたので、その中にあのミッシェルも居た訳です。

当日、彼女は決して調子が良かった訳ではありませんが、日本から一緒に行ったショウ君がシュートオフで偶然、彼女と当たる事になりました。




まあ、彼女はプロダクションのグロック34、ショウ君はM2iカスタム、ダット付きなんで比較する事もあれなんですが、
勝っちゃいましたよ、彼。



実は彼は休日はお店のレンジで朝からスチールのコースばかり撃ってはいましたが、IPSCは渡米する前に急遽ルールやマナーを詰め込みました。

そうです、彼は日本ではシューティングマッチは出場経験が無かったんですね。
ある程度の予備知識はあり、好きですから毎週アップされるIPSCの動画もずっと観てはいたんですけど、かなり無茶な行動でした。





最悪、前日の練習で、危険だと判断した場合は試合は見学する約束でしたから。




今回の渡米は、一ヶ月前に急遽決まった強行軍でしたから、バタバタでした。

心の準備も出来てたのかなと、前準備も前回程は出来ていませんでしたよ。
それでも事故も無く無事に過ごせたのはMUNEKIさんのおかげです。



到着してからは弾の確保との闘いでした、とは言ってもMUNEKIさんに頼るしかなく、頼みのガンショーもドライバーズライセンスが無いと弾は売れないと言われてかなり焦りました。

彼の人脈でなんとか弾の確保が出来ましたが、彼の周りに居る友人達は皆さん親切で優しい方ばかりで、アメリカでの彼の評価は自ずと知れてきます。


彼のアメリカでの一年は、日本での10年に匹敵します。
彼を知っている日本の皆さんも彼が前回に合ったままの彼だとは思わないことです。
素晴らしく大人になっていますよ。




今回は動画も画像もかなりの数撮り貯めてきましたので、これから順次アップしていきたいと思います。

  

Posted by パウワークス at 22:31Comments(0)シューティングマッチ

2013年03月11日

お疲れ様でした。

本日はご来店予定のお客様に大変ご迷惑をおかけいたしました。

あらためてお詫び申し上げます。

本日のゲーム風景です。







雨がパラつき、風も強く、午前中は開催大丈夫かとも思いましたが、なんとか持ちました。

皆さんフィールドに慣れてからはかなり楽しんでおられましたね。


初参加の方が殆んどでしたが、見ている方も楽しめる、面白いゲーム展開でした。




来週もインドアと連チャンになりますが、また一緒に遊びましょう。













坐骨に怯える店長は本日カメラマンに徹していました(笑)





しかし、皆元気良いなぁ  

Posted by パウワークス at 00:07Comments(0)サバゲ

2013年03月10日

日曜日ですが、

すみません、明日の日曜日ですが、私はサバゲで遠征していますので嫁が店にいる予定でしたが、子供が2人熱を出しまして不可能になりました。


すみませんが、店舗のほうはお休みさせていただきます。






よろしくお願いいたします。

  

Posted by パウワークス at 00:14Comments(0)お知らせ

2013年03月09日

帰国しました。

FACEBOOKページをご覧になっている方はご存知だと思いますが、色々ありましたが帰国出来ました。

公私共にバタバタでして、PCの不具合も相まって更新が進みません。

とりあえず、商品のお知らせだけでもさせていただきます。





>STIグリップの黒と新色2種ですね、新色はODとTANです。

ICEのマグウェルも各色入荷しています。
こちらの特徴はマガジンを挿入する部分が樹脂で造られていまして、傷だらけになったり破損した場合にこの部分だけ交換できるんですね。


なぜかアメリカの一部で、マグチェンをいかに早くするかを競っている人達がいまして(笑) それらの人のマグウェルを見てみるとボコボコです!

こんな状態で交換しないのかと思う位の、ここまですれば早くなるなと納得のボコボコさです(笑)

そんな練習の鬼にも安心の造りですね。今回はインナーパーツまではありませんが、こちらも入荷可能です。





















SF X300装着済みで入るモール対応のホルスター2種です。

M&P用と1911レイル用ですね。


ブラックホークCQCもM&P用です。
通常タイプのカイデックスはM&Pのコンパクト用です。



人気のグロックは、本体もマガジンもホルスターも殆ど在庫はありませんでした。











一部で罰ゲームに人気なサソリキャンディーも少数有ります(笑)















最近はプロダクションやリミテッドしか撃たないイメージのロブレイサムですが、僕らが参加したマッチではなぜかオープンガンで撃っていました。

彼がオープン撃つなんて地球の終わりだ!なんて言われていましたが、数万発は発射したであろうガンは軽く、エアソフトのようでした。
スライドの動きもツルツルです、トリガープルもエアソフトです。

  

Posted by パウワークス at 00:41Comments(1)

2013年03月03日

有名人(シューター限定)




こちらで、前回以上に有名人に会えています。

TOP SHOT4 のミシェル ヴィスキュウシです、22歳の彼女は想像以上に小柄で綺麗でした。

明るく、性格の良い彼女はレンジやショップの人気者です。
いきなりハグされて、びっくりしましたが、そうです、ここはアメリカでした(笑)

華奢ではなく骨太で、9mmのグロックをすごい速さで撃ちます。
真面目な話、かなり練習しないとあの速さでグロックは使いこなすのは無理ですね。




明日のスプリングスチールは撃つようなので、ダット付きで撃つ僕らは勝てるのかな?(笑)



現物を見る事が出来る予定なので、インスパイアされて来ます。




1911シングルスタックマッチのチャンピオンのニルスです、

MUNEKIさんと同い年の彼は常にアグレッシブで、攻撃的なシューティングをします。


火曜日のチューズデイSTEELでも撃ち終わると残り一発だったなんて笑ってましたね。

自分を信じてトリガーを引くことの出来る成長中のシューターです。
ダット付けてても勝てる訳ありません(笑)







こちらに写ってる中に某特殊部隊出身な方が居ます、こんな方にピストル射撃を教えているのも民間人とゆうのもアメリカならではですね。

ここリオのトップは民間人のプロシューターやただの民間人だったりします。

だって彼らのほうが射撃だけに関して言えば遥かに上手いですからね。
面白いですよ、ここは射撃が生活の一部です。



  

Posted by パウワークス at 02:39Comments(0)リアルガン

2013年03月01日

カスタムガンはピストルだけじゃない。

本日は


ネット環境が改善されたのと、ハードスケジュールに一息入れようとゆう事で本日は早めに切り上げてホテルです。

まずは初日に戻ります。

現地時間午後3時頃に着。
MUNEKIさんと合流後に、手配していた弾頭が入手不可能になり、急遽、去年もお世話になったNickの所にお邪魔して弾頭を分けて頂ける事になりました。





去年は2人がかりで食べ切れずにテイクアウトしてしまったスペシャルピザですが、今回は4人なので、何とか完食(笑)

食事の後は彼の家で素晴らしいガンの数々を見せていただける事になりました。
何度かガンマガジンに登場していた奥さんのシルヴァナさん本人にもお会いしました。


圧倒される美しさです。目力半端無いです、吸い込まれそうな綺麗な瞳でした(笑)
彼女はシャイなので、画像は無しです。






Nickは3ガンもやるのでそれ様のアーマライトを2丁とショットガンも見せてもらいました。
DE50AEやキャリーガンの数々、良い物しかコレクションしていません。ホームディフェンス用のショットガンにはダットは載せていませんでした、当たり前ですがチャンバーにもローディングしてあります。



翌日はUSPSAのIPSCの設営のお手伝いとガンの試射、ゼロインの予定なので、Nickの家を後にしてMUNEKIさんの家へ。

ほぼ一年ぶりにリム君とご対面です。
















お色直しして綺麗にリフィニッシュされて、作動感もスムーズさが更に良くなっています。

C-MOREのセレンディピティタイプは撃っているとダットが狂う事があるので、足を切り落としアルミ製のマウントに交換してしまいます。


翌日はこちらのガンのゼロインです。


コンペの中にカーボンが溜まり、掃除にも専用の工具が必要です。

これは、造って日本から送ろうかと考えています。









どれもこれも一級品ばかりです、値段を考えるとシャレになりません、ガンに保険を掛けとかないと大変です。
ハンドガンでも4~5000ドルですからね、あっ、一丁がですよ(笑)

  

Posted by パウワークス at 13:29Comments(0)カスタムガン