QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 20人

2012年09月18日

比較してみた。

昨日に引き続き、発見した画像です。

同じ位のパワーのガンですが、コンペセイターが付いていないリミテッドガンと、コンペ付きのレースガンです。




こちらが、リミテッドガン、40SWのロングシャーシ重量はありますが、コンペは付いていません。




こちらが、コンペ付きのレースガン、9mmメジャーとゆう357MAG並みのパワーです。

弾頭重量、口径の違いこそあれ、パワーファクターは165以上のメジャーロードです。
同じ口径、同じ弾とゆうのが比較には一番良いのですが、残念ながらリミテッドガンのメジャーロードは40SWが圧倒的に多かったのでこちらしか撃つ機会がありませんでした。







リミテッドガンはキックで肘から跳ね上がっていますが、コンペ付きのガンはマズル(銃口)がピョコンと跳ねる位です。
銃口の跳ね上がりをマズルフリップと言います。


これがリアルガンに慣れてない人の普通の反応ですが、数撃ってそのリコイルに慣れた人はコンペ無しのリミテッドガンでもこの程度のマズルフリップになります。




トイガンもリアルガンも一緒ですが、スキルを上げたい人は数撃つ事です。

トイガンとリアルガンでは重さもキックも違うから訓練にならないととゆう人もいらっしゃいますが、それはその程度の練習しかしてないから、それが実感出来てないだけです。

ある程度のレベルに達っした人はそれを実感出来るでしょう。


ただ、やにくも撃っても上手くはなりますが、やはり、理屈があり、アプローチの仕方もあり、それに沿ってやれば、それだけ短期間で上手くなる事が出来ると思います。
Posted by パウワークス at 00:53│Comments(0)実銃
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。