QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 20人

2012年10月20日

XCRにFET



XCRのギアアッセンですね。

限られたスペースの中にギアとスイッチを入れるために配線の取り回しもかなり限定されます。
強度を保持しつつ、削れる所は凹ませてあります。

















分解して、各部をチェックしてみたら、タペットプレートのギアに当たる部分がかなり潰れていました。
シリンダーアッセンでチェックがいるのはタペットとピストンくらいですね。







ギアアッセンはやはりスイッチですね。

モーターのコミュも黒くなってないかチェックして、ブレーキクリーナーで洗い流します。























モターグリップは通常のM4系は対角での2点留めか4点留めなんですが、前後の2点になっていますね。
こちらも、M4に比べるとかなりコンパクトなんですが、やはり配線はキツキツですね。






FETはメカボの後ろ側からバッテリーのスペースに入れます。










バッテリーサイズはハンドガン用のリポを2Pにしてから入れます。
廉価版の充電器はバランスコネクターからの充電ですが、やはり太い線から充電できた方が精神衛生上良いです。

出来れば数字でバッテリーのコンディションが把握出来たほうが良いですね。





























同時進行はメインのバレルアッセンから造ります、スライドのカットをして各部の擦り合せは他の加工の時間待ちにやります。






同じカテゴリー(電動ガン)の記事画像
新製品
XCR用バッテリー
PKM 、ラプター
PKM AEG
古き良き時代
URX 3  13.5in  12.5in
同じカテゴリー(電動ガン)の記事
 新製品 (2013-11-08 15:15)
 XCR用バッテリー (2013-09-18 00:54)
 PKM 、ラプター (2013-02-10 00:20)
 PKM AEG (2013-02-08 02:56)
 古き良き時代 (2013-01-25 00:40)
 URX 3 13.5in 12.5in (2013-01-18 01:54)
Posted by パウワークス at 00:17│Comments(0)電動ガン
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。