QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 20人

2012年11月15日

ジャガーノート

名前に惹かれて観てみると、中々面白いライフルでした。





実際にブルパップにするとフルオートの制御が幾らかはし易くなるようです。

M14自体、コッキングハンドルの構造上、ガチャガチャと騒がしい撃ち味なんですが、ノーマルライフルストック形状だと機関部が右手(トリガー側)なんで、キックの起こる部分と肩が離れていますがブルパップになると、バレルを両手で押さえる形になるので、キックの制御とゆう意味では利点があります(それだけ単純ではありませんが)

全体が短くなるので、取り回しも驚くほど良くなります。


ただ、M14のスラリと伸びた全体のデザインから遠退くのが残念ですけどね。

デザイン的には好き嫌いが分かれそうですからエアソフトでモデルアップされるかは微妙ですね。


しかし、近年はこんなものは製品化されないだろう、とゆう商品がいくらでもモデルアップされてますから判りませんけどね。








デザートクラッシックの続報です、詳しくはGUNマガジンでレポートされるかもしれないので割愛しますが、RAYは11位だったようです。
12位のHIRANO氏とMUNEKIさんは、12ステージのトータルタイムで10秒の差があったにもかかわらず、HIRANO氏が順位は上でした。


RAYはリロードでのトラブル(本人のミスではないとゆう意味で)でメジャーでなく、マイナーで、ポイントを計算されてしまいました。


トイガンではまずあり得ない事象なんですが、IPSCではパワーファクターなる弾の威力でマイナー、メジャーに分かれます。

マイナーが120以上(9mmパラ程度)メジャーが165以上(40、357MAG,45ACP程度)で、メジャーで撃てば当然リコイルがキツくコントロールが難しくなります。

マイナーは各ゾーンの得点が低くなるので不利なんですね。
エアソフトは威力は一緒ですから。







さて、本日にこんな物が送られて来ました、シューター仲間のシマダ君からです。
以前動画で紹介したミラクルドロウの初弾0,5秒で本場のプロシューターを驚かせたジャパニーズシューターです。


KCユセピオ、BJノリス、ジェシーダフ、JJラカーザ、タッドジャレット、デイブブローク、ミッシェル、トリノナカ、MAX,ミチュレックとUSのプロシューター達のサインです、さすがシマダ君です、綺麗どころは押さえてあります(笑)



ありがとうございました。








同じカテゴリー(アサルトライフル)の記事画像
2013の新製品
716その後
HK417
XM2010
新入荷
MASADAのHOP
同じカテゴリー(アサルトライフル)の記事
 2013の新製品 (2013-01-04 01:45)
 716その後 (2012-12-15 02:05)
 HK417 (2012-12-06 01:53)
 XM2010 (2012-12-05 01:34)
 新入荷 (2012-06-22 14:56)
 MASADAのHOP (2011-11-11 09:41)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。