QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人

2018年05月02日

歳とってからやれればいいかな位にしか思ってませんでした。

さて、既に3年も前になりますが、お店で日本の闇についてお客さんとオブラートに包みながらお話しをしていた時にいきなり話に入ってこられた新規のお客様がいて、いきなり意気投合(笑)


それが今回狩猟をしように繋がった師匠でした。
同じ時期に親子でサバゲとシューティングをしていたSさんが罠猟の免許を取得して猪を沢山獲り始めたのでした。







県内でも猟期(11月1日〜3月30日まで)以外でも害獣駆除の目的で一年中捕獲している市町村がありますが、お二人共その地区にお住まいでした。


猟の色々なお話を聞いて元々興味があったので、かなり突っ込んだ話が聞けたのも面白かったですね。

250kgの猪なんてオッコトヌシですよね(笑)




店から30分程の山でもこんなヌタ土の付いた木が。






猪は水場で身体を横たえて泥を身体中付けた後周りの木に身体を擦り付けるのでこんな木があるのです。

早々と話を聞いたお客さんが2人程、地元の警察署の生活安全課に行ったようでした。



興味はあってもやはりお金がかかる事ですから色々と調べてみないといけませんし、家族に話をしてみないといけません。


本人の身辺調査、身内に反社会組織のメンバーは居ないかなど、色々な振るいにかけられます。


反対に言えば日本で一番信頼できる身分証明書になる訳です。






Posted by パウワークス at 17:29│Comments(0)狩猟
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。