QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 22人

2012年08月24日

KSC エントリー1





暑い時期になると、電動ガンの弾詰まりが比較的多くなります。

炎天下の中、直射日光の当たる所にBB弾を出していると、弾は膨らみます。
弾径自体が大きくなるし、HOPパッキンも伸びてくるので、弾詰まりが起こり易すくなるんですね。

昔の弾なんかだと、銃口に乗っかって、中に入らない事もありましたからね。




だからとゆう訳ではないんですが、KSCのエントリー1とHK45で、画像のようなリップからのスロープに弾が咬んでスライドが途中で止る症状が、全てではないんですが出ています。


過去にRタイプのHI-CAPAで、カスタムバレルガイドに換えると出る事があったので、同じようにスロープを削ってやりました。

ゆっくり作動させてみると、マガジンリップの後部、弾を蹴りだす部分の通る面にローディングノズルの一部が当たっていますね。それで、マガジンが前にズレて、スロープとのスペースが小さくなって咬むようです。







5,1と違いリアサイトはブリーチ側から固定してありますのでスライドにクラックは入りにくいようです。

5,1はABSスライド内側にボーマーサイトが固定してあったので、トルクが直接スライドにかかってクラックがよく入っていたようです。

ボーマーサイトを外して撃てばクラックは入りませんでしたから。


































削ったら当然ながら下地が出ます。
マガジンも弄らないと解消出来ないかもしれませんね、本日はここまで。





同時進行で何丁かカスタムしてますから、ついでに、こんな画像も。
ワンオフで造るカスタムは全てが現物合わせなんで少々時間がかかります。





























また台風が近づいていますね、各地で被害がなければいいのですが

週末はインドアで夜戦です、天気は大丈夫かなぁ。
  

Posted by パウワークス at 09:37Comments(0)ハンドガン