QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 18人

2012年11月01日

分解組み立て





カスタムガンを造る時は、メンテナンスや調整がやり易いようにしなければなりません。

構造上、どちらを優先するかを考える場面は度々ありますが、画像のようなシュラウドを取り付けると、調整の都度完全分解とゆうのも大変です。





かなり窮屈ですが、スティックシフトの取り付け部の下部をかなり抉ってやりトリガーBOXを入れられるようにしてやります。



Fピンロッカーはこの位置から組み立ててスプリングを入れてやります。

慣れるまで何度かスプリングを飛ばすでしょう(笑)




















こちらの画像をよく観てみると、何かおかしくありませんか?














そうですね、スライドストップをどうやって入れるんでしょう?



入れません。

そのかわり棒を入れてやります。
リアルガンでもこんなカスタムがあります。
スライドストップをキャンセルするガンも多々有るんですね。








ステックシフトを外せばグリップも外せます。


シュラウド上部に穴を開けます。

後は細かい調整です。





同じカテゴリー(カスタムガン)の記事画像
過去の画像
今年は熊が多い
ほぼほぼ完成
ステッピングと微調整
カスタムガンはピストルだけじゃない。
試行錯誤擦り合せ
同じカテゴリー(カスタムガン)の記事
 過去の画像 (2018-06-11 21:35)
 今年は熊が多い (2018-05-25 12:16)
 ほぼほぼ完成 (2018-05-10 09:22)
 ステッピングと微調整 (2018-05-08 22:18)
 カスタムガンはピストルだけじゃない。 (2013-03-01 13:29)
 試行錯誤擦り合せ (2013-01-19 03:36)
Posted by パウワークス at 01:59│Comments(0)カスタムガン
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。