QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 20人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年09月27日

昔の鉄砲

漁っていたらこんな物も、以前チョットだけ紹介しましたが




錆は殆んど浮いてません、程度は上々ですね。







ガンショーでもチラホラ在りましたが、値段の付いていない物もありましたね、それらは程度がかなり良好で、値段も1000ドルは軽くオーバーしているんでしょうね。



















14年式も観ましたが、乙式やベビー南部なんかはありませんでした、色々な所を回ると見つける事も出来るんでしょうが、あちらに住まない限りは無理な話です。





































今のようにNCのマシンの無い時代に、普通の旋盤とフライスだけで、こんな形状の物を大量生産していたとゆうのが凄いですね。


昔の職人さん恐るべしです。

























銃身にはブルーも綺麗な状態で残っています。

コレも戦利品で戦地から持ち帰られた物なんでしょうか?
だとすると、戦争初期の物なんでしょうね。











当時の日本の工業技術も大したものだったんですね、あの頃の職人さんにPCとNCを与えてみたらどんな物を造り出すか見て見たい気もします。



  

Posted by パウワークス at 01:11Comments(2)ハンドガン